1. HOME
  2. サービス
  3. 事業者向け
  4. 市場調査(5種)
  5. グループインタビュー

事業者向け

BUSINESS

市場調査(5種)

グループインタビュー

<サービス概要>
アンケート調査が定型的に情報を収集・整理するのに対し、座談会調査は、少数の対象者と直接集中的に対話しながら、言葉という不定形情報から販売のヒントを引き出す調査です。

インバウンド担当者の悩み

■ 台湾の事情
台湾人は雑談が大好きです。これを聊天(りゃおてん)といいます。訪問営業の前後でも、聊天タイムは重要です。その気質を利用し、複数名の回答者にリアルの場所に集まってもらい、雑談してもらいながら、商品やサービスに対する本音を沢山語ってもらうことで、定量的なアンケートでは見えてこない、ヒントやきらめきが発見できるかもしれません。

グループインタビュー(座談会)の様子

■ 当社の特徴
グループインタビュー(座談会)では、隣の部屋からインタビューの様子を伺うという、クライアント不参加の手法を採る調査会社もあります。IBCでは、クライアントと調査対象が積極的に話していただく方法を推奨しています。本音を引き出すために、会場のカジュアルな雰囲気づくりを様々に行います。条件の異なるグループを集めて、座談会を複数回実施し、比較対象としする場合もあります。

グループインタビューの様子

■ サービスの説明
まず調査目的を伺い、グループの選択の条件や、物理的な回数や場所などを打合せします。クライアントの直接的な参加の有無も決定します。質問項目はよく打合せしておき、調査対象者に伝えておく場合もあります。実施日は、同一会場で午前と午後、各5~7名で2グループ実施というのが標準的です。リアルタイムでの対話と記録データの中から、有効なヒントを探っていただきます。

 

台湾のプロモーションについての、基本的な情報コーナもあります。

お問合せ&資料請求はこちら

オリジナルコンテンツ